2016年08月31日

政治倫理審査会の答申を受けて

 昨日の議会終了後に開かれた全員協議会。
桑原議員に対する『政治倫理審査会』が終了し、議会に対し答申書が出されました。
 『答申書』では、
 「クラゲ加工場の誘致等に係る桑原議員の一連の言動、基礎部分の越境の事実及びその事実に伴い住民運動まで発展している現状を鑑みると、その行為は、品位と名誉を損なうような行為として認めることが相当であり、条例第3条第1項第1号に規定する「市民全体の代表者として、その品位と名誉を損なうような一切の行為を慎み、その職務に関し、不正の疑惑をもたれるおそれのある行為をしないこと」に違反しているといわざるを得ない。
 とあります。

 議長から『議会運営委員会では、「文書での厳重注意」ということで決定した。』と報告を受けました。
私は「議員辞職勧告をすべきではないのか」と問いましたが、議運の委員長は、「“関係者及び地域住民による円満な解決を期待する”としているので、審査会の意見を尊重した。」とのこと。全会一致だそうです。
 他議員からは「議運の決定を支持するが、桑原議員から議会に対しひと言あるべきではないか」との意見や「議員発議で出したらいいのではないか」という意見の他は、何も出ませんでした。(桑原議員は、その場には居ませんでした。全協はお休み)
 議員発議で「議員辞職勧告」をしたいのですが、賛同議員2人を探すのが難しい状況です。

 審査会は、「政治倫理条例第三条第1項第1号に違反していると言わざるを得ない」とはっきり結論をだしているのですから、議会としては、議員辞職勧告をすべきだと思いますが・・・・・
 市民から「身内に甘い!」「自浄力が無い」と言われかねません。
本来は、自身できっぱり辞職すべきだと思いますが・・・・・
posted by ショウちゃん at 19:56| 熊本 ☁| Comment(1) | 上天草市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広報上天草が届きました
この手の報道としては早いですね
さてさて
”どうしたもんじゃろのう〜”
Posted by at 2016年09月15日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。