2016年06月11日

議会2日目・・・・議員定数削減(-2)決まる!

    IMG_1028.JPG 

 昨日は暑い一日でしたね。夜9時過ぎても30℃を超えていました。今日もさらに暑くなりそうです。

 昨日は議会があり、『質疑』でした。欠席1人。
質疑の事前通告者は3人・・・・相変わらず少ないです。ただ、事前通告無しの人にもそれぞれ1回質疑ができます。何人かの方が質問をされました。

 市が他の自治体に先駆けて実施した『宿泊サービスとクーポン券配布』(募集期間は、6月30日まで)は、すでに8日で予算額に達し締め切られたそうです。・・・・・と言うことは、8000人の宿泊希望者があったということですね。宿泊施設や飲食店など、少しは一息つけたのでしょうか!
 ただ、今回の支援策は観光協会への委託ということで、協会会員店のみでの利用ということで、少し不公平になるのではないかと気にかかります。
 7月には、国の熊本地震復旧等予備費を活用した九州観光支援旅行が創設されるそうですが、県外にもっとアピールしないと、皆さんの目は大分や阿蘇の方へ向かうのではないでしょうか。

 昨日の議会では、議員定数削減が議員発議として提出されました。賛成者として12名の議員名があるのですから、提出された時点で決まったも同然ですが・・・・・
 提出された後、暫時休憩ということで、全員協議会が開かれました。(このことは私以外の方は、すでにご存知だったわけですが)
 朝から聞いたばかりの私は、「今日提出して今日採決は乱暴すぎる。こういう議員定数問題はデリケートな問題だ。市民の意見を聞いたりする時間も必要。せめて最終日に採決して欲しい」と訴えましたが、多数決で見事に却下!
 

 私は削減には反対しました。
まず、乱暴な議事の進め方に抗議して、「合併後に広くなった上天草市であり、定数削減は市民の声が通りにくくなる。財政のことを言うなら、議員報酬の削減や費用弁償を無くすことを先にやるべきだ」と・・・

 提出者は「10人が10人削減には納得する」とおっしゃいました。
確かに市民の多くが議員数を減らせと思っているでしょう。(10割では無いと思いますが・・・・)しかし、なぜ市民がそう思うのかを私たち議員はキチンと知る必要があると思います。単なる財政的な問題だけではないはずです。
 市民に直接聞いてみましょう!

 13日〜14日は一般質問です。今回は9人が登壇されます。いつになく多いですよ!

 
posted by ショウちゃん at 10:16| 熊本 ☁| Comment(2) | 上天草市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時に議長?が奨学金だどうのこうのの持論を突然言い出し
だから経費節減に通じる定数削減がとかいってたように覚えてますが(私、間違ってます?)
これって正しいのかな?
議長は議題に意見を発してはいけないのでは?

経費削減したら奨学金が増えるの?
その支給対象の制定は正しいのかな?とかいろいろ

私も奨学金は借りましたけどね(もっと大きな組織から)。市町村でそんな支援が有ることを知りませんでした。
そのような支援が有ることを知っているのも少数なのでは?

Posted by at 2016年06月12日 19:28
どなたかわかりませんが、コメントいただいた方へ


 奨学金の話は、今回の発議の提出者である桑原議員が文教厚生常任委員長なので、奨学金の貸付け選定委員として参加したとき、振り落とされる人がいて。それが、忍びない!と・・・・
 だから、議員削減で浮いたお金を奨学金に回したらどうか。・・・・という話をしておられましたが・・・・
Posted by 宮下しょう子 at 2016年06月13日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。