2016年04月21日

地震から一週間

 最初の地震から一週間が経ちました。
今だにつづく余震に、この天草でも不安が広がっています。もしかしたら、又・・・・・ 今度はこちらに・・・・・という思いがあるのでしょう! 特に年配者に多いようです。
 テレビなどでも、毎日「後一週間ぐらいは余震が続く」と言っていますし・・・・いったい、いつまで!と思うのも仕方がないことです。

 震災後、四日被災地に通いました。
17日は、姉たちに食料を届けがてら様子伺いに・・・・
18日は、息子のアパートの片付けに・・・・・
20日は、党議員団で高森町へ支援物資を届けに・・・・
21日は、党天草地区代表で西原村へ支援物資を届けに・・・・

 道路や橋、家屋などの損壊には驚きます。自然の驚異は恐ろしい!
被災地のいたるところで、県外ナンバーの救急車、消防車、自衛隊車、パトカーなど見かけ、この2日間は、支援物資を運ぶ一般の車も多く見ました。
 全国から支援の気持ちが届いています。

 そんな中、
 “政府 現地対策本部長の松本文明内閣府副大臣 更迭!” なぜ更迭されたのか? 
食事におにぎりが配られたときは、「こんな食事じゃ戦はできない。」 また、避難所への支援物資配布をめぐっては、「物資は十分持ってきている。被災者に行き届かないのはあんたらの責任だ。政府に文句を言うな」と県職員に声を荒げたらしい。

 上から目線の物言いには驚きます。更迭は当然です。
被災地の自治体職員も、寝る間もないほど頑張っています。絶対的人数が足りないのです。効率化の名の下に職員を減らし続けるのもいかがなものか!

 今後は、被災家屋などの片付けや支援物資届けなど多くのボランティアが必要になってくるでしょう。
県内でも被災していない自治体の職員のみなさんはもちろん私たちも“明日はわが身”です。すすんでボランティアに参加しましょう!


 
posted by ショウちゃん at 23:00| 熊本 ☔| Comment(2) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お電話ありがとうございます!ボランティアに行った!に、ドキドキしましたよ。
過去の災害を他人事と思っていたことを反省しました。
避難したところでは、自主運営なのにお客様である自分も反省。
東日本大震災の経験者である知人からの、必ず落ち着くから…に、って、また震度3ですよ。 備えを確認して寝ることにします。
Posted by のりこ at 2016年04月24日 01:22
なにが前震で、なにが本震なんだか?
まだまだ前震で、日奈久活断層の南西部・不知火海で起こる地震が本震かも?
別に不安を煽るつもりはありません。
先月3月議会で、水俣市の西田市長はM7.3と答弁していますし、想定される津波の高さは1m(内海だけど、もっとあるかな)。
最悪のケースは、水俣湾埋立地が液状化し、高濃度のメチル水銀が不知火海を再汚染すること。
それぐらいの心構えが必要です。
川内原発にいたっては、「地震が起きたら、まず火を止める!」が鉄則。
別に原発政策や、安倍政権の賛否を問う以前の問題です。
Posted by 山近 茂 at 2016年04月27日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。