2014年07月02日

久し振りの素焼き

 今日は朝から雨、午後からより強い雨となりましたが、気になっていた陶芸の“素焼き”をしました。
移住者女子会の皆さんの作品を仕上げないといけません。朝9時に点火し、午後4時まで・・・・・おかげで、火の当番をしながら、ビアカップ、花瓶など8点ほど作ることができました。
来週は釉薬をつけて“本焼き”です。

 写真は議会広報裏表紙の『まちをあるけば・・・・』のコーナーに掲載予定の『山田のたちばな』です。
樹齢130年ほどだそうで、自生しているのは一本だけになったそうで、二間戸地区本郷にあります。平成4年には、市指定天然記念物に指定されています。6月頃白い花が咲き冬に小さな実をつけます。食には不向きだそうです。花が咲く頃撮影に行けば良かったのですが、残念ながら花は終わっていました。ぜひ、来年は花を見に行きたいと思います。
橘は古くから『不老長寿の木』とされています。
    DSCF4226[1].JPG
   
posted by ショウちゃん at 20:42| 熊本 ☔| Comment(0) | 趣味のひとつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: