2013年10月04日

消費税の輸出還付金のカラクリ・・・・全国商工新聞(9/30)より

 2012年度の消費税の輸出還付金が、トヨタ自動車をはじめ輸出大企業の有力20社だけで、1兆円を超えていることがわかったそうです。
        DSCF2992[1].JPG

・・・・・・『輸出還付金制度』で、トヨタ自動車の預金口座には、毎月150億円のお金(税金)が豊田税務署から振り込まれています。還付金を振り込んだことで、消費税収がマイナス(赤字)になっている税務署は全国で10署(ほかに神奈川など)
 輸出大企業は仕入先や下請けに実質的にも法律的にも消費税を払ったことはない。
東京地裁の判決を基にした例、「『トヨタ』が『下請け業者』に対して支払う消費税分はあくまで商品や役務の提供に対する対価の一部としての性格しか有していないから、『下請け業者』が、当該消費税分につき過不足なく国庫に納付する義務を『トヨタ』との関係で負うものではない」 つまり、法律的には、税金ではなく物価の一部である。  輸出還付金制度は、下請け業者が税務署に収めた消費税を、消費税を払ってもいないトヨタ自動車に還付するあきれた仕組みといえる。・・・・・・・

 こんなカラクリをいったいどれぐらいの人たちが知っているんでしょうか?益々格差は広がるばかりです。阿部さんお記者会見後は、世論の反応も増税容認が増えてしまったようです。みんな本当のことを知らされず「仕方がない」と諦めてしまったのでしょうか! 
posted by ショウちゃん at 10:45| 熊本 ☁| Comment(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: