2016年08月22日

落語で憲法を学んできました!

 『落語で学べる憲法』八法亭みややっこ 憲法噺

IMG_1239.JPG

IMG_1240.JPG 

 憲法とは何か?から始まり(聖徳太子から)、日本国憲法の理念、自民党改憲草案の理念など、たっぷり1時間半楽しんで学んできました。
 『憲法』って、毎日の生活にも関わりがあり、知っておかなければいざと言うときに味方になってくれない。・・・・なのに、ほとんど関係ないように過ごしてしまっています。
 八法亭みややっこさんは、そんな難しい憲法の話を笑いありの落語で語ってくれました。中身は大変まじめなそしてしっかり勉強になる話でした。
 自民党改憲草案は、我々がうっかり見過ごしてしまうほど、巧みに言葉を替えたり削除してしまったり・・・
読み比べて勉強しなければいけないのですが、一人で読んでもさっぱりわかりません。読み解くことが難しい・・・だから、みんなで勉強しなければいけません。あれよ、あれよ、という間にだまされてしまいます。

 第13条第1文「すべての国民は、個人として尊重される。」
   〃 第2文「・・・幸福追求に対する国民の権利については、・・・国政の上で、最大限尊重される。」

 「憲法も70年経って古くなったんじゃない。変えるところは変えたほうが良い。」と言う人(特に若い人)がいます。阿部首相の考える憲法は、とても恐ろしいものだ!ということをしってもらわなけれはなりません。
 今回の『落語で学べる憲法』は、レジュメがあるのが良かった!(落語でレジュメは普通無いことですが・・・)
 
お誘いした人で来れなかった人もたくさんいます。DVDを買ってきました。視聴会を開いて、みんなで学べたらいいなぁ!と思っています。

 何でも楽しく勉強するのが一番よくわかります。


posted by ショウちゃん at 12:15| 熊本 ☀| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする