2016年03月30日

下桶川白地購入費は執行停止が決まる!

IMG_0728[1].JPG IMG_0730[1].JPG 

昨年12月議会の報告をしましたが、『樋島下桶川地区白地購入費』の件です。
総務常任委員会で否決した補正予算(白地購入費180万円、調査委託料44万3千円)は、本議会でひっくり返され賛成多数で採択されました。(ひまわり新聞号外で報告)

 しかし、ここにきて執行部より「補正予算を執行停止する」との報告を受けました。
以下は、市の説明です。
理由は・・・・・
 『財務局より「本事案について、市民より問題提起がなされている旨の情報があり、現状を鑑み、問題を整理するため、個人の申請は可能か」との協議があり、K議員本人が直接購入することになったから』

今後の対応として・・・・・
 時路地の取得について計画変更の必要性が生じ、直接道路用地を購入するには期間がないことから、今回の予算は執行しないこととした。なお、道路用地取得及び市道認定事務については、本人の了解を得ていることから、今後、これに関する抵当権抹消手続き等の登記事務を進めることとし、条件が整い次第、再度の予算を計上し、これを取得することにより市道認定を速やかに進め地域住民の民心安定を図る。



 この予算執行停止は『上天草市を愛する会』の市民運動が実ったものと考えます。しかし、建築違反の水槽と基礎部分の撤去については、何の説明もありませんでした。これも問題です。早く撤去させなければなりません。
 K氏名義の公衆用道路の購入についても異議がありますが、それは、再び予算で議会へ上程されたときに反対したいと思います。

 また、今『愛する会』で取り組んでおられる署名は「桑原氏に対する『政治倫理審査会』を請求するための署名です。審査会を請求するためには、有権者の50分の1の数が必要だそうですが、かなりの数集まっているようです。31日には集まった署名を提出されるそうです。



posted by ショウちゃん at 08:58| 熊本 ☁| Comment(0) | 趣味のひとつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする